高木酒造(飛騨金山)の初緑シリーズ
0
    岐阜県下呂市金山町の、高木酒造さんの初緑が各種入荷しました。

     高木酒造さんは、安いパック酒の作り手という認識で、正直な話をしますと、坂本酒店では扱いたいと思いませんでした。
     これは、営業に来てくださった26歳の娘さんから伺ったのですが、高木酒造の社長さんも、そういった酒造りに何某かの思いがあった様で、3年前から「初緑」というシリーズを造り始めました。「飲み手と一緒に喜びを分かち合える酒を造りたい!」と言う、熱意があったんだと受け止めました。実際に試飲させて頂いて、価格に対してとても価値のあるお酒を造っていると判断しました。高木の娘さんと営業さんと長い時間話をさせて頂いて、飛騨の小売酒屋さんとして、地元飛騨の頑張っている酒蔵を応援しないわけにはいかないなという思い。坂本のお客様に、これはオススメしなきゃなという思いです。

     手始めに、21BYの初緑山田錦純米65%と、20BYの初緑火入れ純米を試してみてください。両方とも4合ビンで1200円という安さです。

    <21BYの初緑山田錦純米65%の感想>
     ワインで言うならば、フランスのミュスカでや、イタリアのソアーヴェ。爽やかで軽く、少し感じる酸が心地よく、食中酒として活躍しそう。わざとらしい派手な香りではなく、控えめだけど整った誠実な香り。加水してアルコール度数は15%と適度。1回火入れ。今から暑い夏までの間に飲んでちょうど美味しいと思われます。オススメは、今のところ冷ですね〜。山田の65%って、最近やたらと高精白にしないこういった造り、目にしますよね。僕は価格の面から見ても、味から見ても、秋までの酒としては文句無しの評価です。

    <20BYの初緑 ひだほまれ55% 火入れ 特別純米>
     黄色いラベルに緑の文字と、派手だな・・・な、ラベル。上記のお酒と違い、ややイエローがかった色で、熟成して味がのった、コクのある味わい。燗をつけるとさらっと飲めて、これがまた食中酒として良いが、常温のほうがコクが出ますな。特筆すべきはチーズとの相性。おそらく、味噌や醤油など、飛騨に限らず山の幸や肉との相性を考えると、初緑シリーズの中でこれが一番相性が良いと思う。よくこの価格で出しました!素晴しい。


     他にも、20BYの夏純吟、特別純米のムロカ生原酒、純米吟醸のムロカ生原酒、大吟醸などあります。この子達は、ちょっとまだ渋く固く、良い造りであるが故の閉じた雰囲気を感じたので、秋冬にかけてゆっくり売ります。もちろん、純米吟醸とか、冷で今飲んでも十分美味しいです。ちなみに4合瓶で1522円。山田100%で精米歩合50%。この感覚が飛騨に欲しかった。
    | 酒屋の息子 | 日本酒 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    H18BYの「ひやおろし」を中心に比較試飲
    0
      2007年ひやおろし比較試飲

      全部「ひやおろし」と言う訳では無いのですが、うちに出入りしてくれる古川の蒲酒造さんが、秋に1000本限定で発売した「秋純米」のサンプルを持って来てくれたので、他の「ひやおろし」や、それに近い位置づけのお酒、新着したお酒を比較試飲してみました。

      左から
      ◆小左衛門 特別純米 (富山県産五百万石 精米歩合55%) ¥1,300-(720ml)
       今年春から扱い始めた岐阜県瑞浪市のお酒です。普段はもっと濃い、にぎやかな酒なのですが、これは穏やかで、小左衛門らしい吟醸香があって、あれこれ考えなくても素直に美味しい!!と思える旨口です。冷蔵庫温度だとフルーティーで甘ささえ感じます。生の魚介類にも合います。あと10本しかないので早い物勝ですが、美山錦1,475円もようやく円熟味をまして旨くなったので、そちらもオススメします。ただし美山錦は、刺身より、味の濃い山の料理の方が相性が良いです。味噌味を付けた肉料理とか。

      ◆石鎚酒造 特別純米ひやおろし (麹:備前雄町55%、麹:松山三井60%) ¥2,690-(1.8L) ¥1,360-(720ml)
       ここ2年で坂本酒店の柱になった酒蔵です。全てのお酒に共通する事ですが、私たち親子が大好きな、ドイツワインを髣髴とさせるフルーティーな余韻が長く続くお酒です。冷蔵庫温度で飲むと、引っかかりの無い綺麗な液体がするするーっと入って行きます。やはり瀬戸内のお酒ですね〜、是非魚料理と共にお楽しみ頂きたいです。ちなみに燗をつけても美味しいです。旨味がぶぅわーっと広がり、ボリューム感が増します。造りがしっかりした骨太な本性が出てきます。熱燗は×。人肌より低い温度がオススメです。

      ◆天領酒造 ひやづめ純米吟醸 (ひだほまれ 精米歩合60%) ¥2,500-(1.8L) ¥1,200-(720ml)
       地元のお酒としては、高く信頼している天領酒造さんのお酒です。4合瓶の価格が素晴らしいです。決して派手な旨味を持つ酒ではないので、最初の印象・評価は低かったのですが、飲んで行くに従い、その軽さが食中酒として大変重要な要素だということに気がつきました。長くお付合いするとき、こんな酒がいいな〜と、素直に思えます。特に山の、海のと言いません。食事全般にお使い頂きたいです。

      ◆渡辺酒造 蔵元の隠し酒 (ひだほまれ 精米歩合60%) ¥2,180-(1.8L)
       すでにお馴染みかとは思いますが、飛騨古川「渡辺酒造」の、新聞紙で包んだ限定酒。昨年夏に麹部屋を倍にしただけの事はあって、芯もコシもあるしっかりした酒質です。飛騨の酒らしく、ちょっと甘めに感じます。燗栄えしますが、冷蔵庫温度でワイングラスで飲んでもフルーティーです。楽しめる温度幅の広いお酒です。鍋料理から肉料理、味付けの濃い山の料理との相性は抜群です。普通酒に280円足しただけでこの価格なら、他の酒飲めなくなります。

      ◆蒲酒造 秋純米 (ひだほまれ 精米歩合50%) ¥2,450-(1.8L)
       渡辺さんと同じく飛騨古川「蒲酒造」の、今年初挑戦のお酒です。今回比較試飲して気に入り、16本だけ仕入れました。飛騨地区限定発売1,000本です。最初常温で飲んだとき、一口二口目の味はぐっと旨く、これは蒲さん気合を入れたいい酒だな〜と思ったのですが、それ以上は重たくて飲めませんでした。ところが!!これを10℃位まで冷したら、坂本お気に入りの「石鎚級!!」のフルーティーさが!!これは・・・っ!! 普通なら3,000円くらいしそうな品質がこの価格なら、納得です!!
      | 酒屋の息子 | 日本酒 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      活醸?活性にごり酒「天風」旨いけどリスキーな日本酒
      0
         日本に日本酒は数あれど、こんなに飲むのに苦労する酒はそうあるまい。
        毎度お世話になっております。坂本酒店です。

         今日は、天領酒造に特別に造ってもらった活醸酒「天風」のお話です。

         かつて、その味わいと特殊な特長により、大人気を誇った生きているお酒です。醪(もろみ)をひしゃくですくって、じょうごでビンに入れただけのお酒といえば、なんじゃそりゃと思われるお客様も多いかと思いますが、すごいのです。↓
        活醸酒「天風」-1
        名前を「天風」と言います。開ける前から金属製の蓋(ふた)が盛り上がっています。ありえない。
        活醸酒「天風」-2
        これを飲む時は、覚悟が必要です。今回は大鍋を準備。
        活醸酒「天風」-3
        なぜならお酒が生きているからです。すこし栓をまわしただけで、吹きはじめます。
        活醸酒「天風」-4
        どんなに気をつけて栓を開けても、
        活醸酒「天風」-5
        爆発します。これは本当にそういうお酒です。
        長い時間をかけて、ホントにゆっくり開け閉めしたらうまくいくのかな?
        いずれにしろ、最後の圧力は、シャンパンよりもすごいらしいです。
        活醸酒「天風」-6
        最後は掃除になります。

        できれば、外で栓を開けることをオススメします。
        (えらい目にあいます。)
        中身は半分近くまで減少します。
        (損した気分も味わえます。)
        そのかわり、めちゃくちゃ旨いです。
        (お酒好きな人に、一度試して頂きたいです。)
        蔵でしか飲めないタンクの中の醪(もろみ)の味わいです。
        生き生きとした、生命を飲んでいる感じです。

        どんなことが起きようと、酒屋に文句を言わないと約束いただけるお客様にのみお売り致します。

        酒屋が客を選ぶのではありません。

        酒が客を選びます。

        生きている日本酒「天風」4合ビンで1,850円です。

        来店のみ対応。宅急便で送ることは、






        怖くて出来ません。


        坂本酒店でしか手に入りません。24本限定ですが、あと18本です。
        昔は市販していたのですが、あまりに悲惨な結末に苦情が殺到し、発売禁止になった伝説のお酒です。
        | 酒屋の息子 | 日本酒 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        飛騨市古川町「蓬莱」の蔵元「渡辺酒造」
        0
          一年古酒
           毎度ありがとうございます。坂本酒店です。

           先日「酒と肴の頒布会」発売直前の、飛騨市古川町「渡辺酒造」さんを、再度訪問いたしました。そこで幸運にも、頒布会第1回目の出荷を控えている垂れ口秘伝生原酒の試飲をさせて頂き、その誕生秘話や、蔵元の思いなど伺って参りました。

           試飲した率直な感想は、「あぁ、これは口の中でハムと一緒にとろけるな。」です。ワインで言うならマリアージュですか、この確信に近い期待感はなんでしょう。
           この垂れ口秘伝生原酒を造るに至って、私勘違いしていたことがあります。それは、てっきり渡辺酒造さんの板垣杜氏が、先に造りたいお酒のイメージを持っていて、後に肴の選択をしたと思っていたことです。実はそれは間違いで、第1回目の肴「パリ風加熱ハム」に合わせて酒質の設計をしたそうです。
           その目標とする酒質を実現する為に板垣杜氏が苦労して復活させたのが、明治時代に行っていたと言われる「蓋麹法(ふたこうじほう)」と呼ばれる古典的な技法でした。板垣杜氏が「酒造りで人間が関われる最も重要な工程」とおっしゃられた麹造りの工程は、蓋麹と呼ばれるA4サイズよりちょっと大き目の箱に、麹菌を散布した蒸米を入れて麹を造るもので、現在では蓋麹の10〜20倍の大きさの箱に入れます(箱麹法)。これにより普段の何倍〜10数倍の手間をかけ、丁寧に丁寧に麹が造られます。
           その結果出来たお酒は、言わば「明治の味の復活」です。最新の醸造技術を使った高級な吟醸酒を「スマートな都会」にたとえるなら、このお酒はもっと「しっとりとした故郷」っぽい味わいです。板垣杜氏がおっしゃった言葉で、最近耳について離れない言葉に「にぎやかな酒」があります。端麗辛口のすっきりとした味わいは、たとえば精米歩合を小さくし、麹を若く造ることにより出来るでしょうが、私の造りたいお酒はもっとにぎやかなお酒だと。実際にボディがしっかりとして、ストラクチャーがある、ワインでいうならブルゴーニュの樽熟成した高級白ワインでしょうか?あまり飲んだ事ないですが(^^;ハムと一緒に頂く発売日が待ち遠しいです。

           ちなみにこの古典的な蓋麹法で造られたお酒、今回限りで、次同じように造ることはないそうです。

           写真はちょうど一年前の頒布会の為に造られた渡辺酒造さんのお酒で、「吟醸生原酒おり絡み」なのですが、蔵元の次男さんが個人用に1年間氷温熟成させたお酒を頂いてきた物です。去年の8月くらいが一番味が良く、今はちょっと下がったかな?とおっしゃっていましたが、ぶれる事の無い頑強な構造を感じる、キリーッとしたお酒でした。ロックやストレートで、味が濃く油っぽい食べ物でも大丈夫ですね。店長にはきつ過ぎたみたいで、ちょい加水していましたが、味ぶれなかったです。
          | 酒屋の息子 | 日本酒 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          愛媛県の「石鎚酒造」が造る「山田錦純米」
          0
            愛媛県のお酒「石鎚」
            縁あって、愛媛県の西条市にある「石鎚酒造株式会社」様のお酒を
            取り扱っております。元々店長のお友達に、「これ美味しいんですよ!」
            とすすめられて、飲んでみて「おおっ!旨味がっ!旨い!」
            早速ご紹介頂き、今日に至ります。
            この蔵元、蔵人が親子4人という、家族経営の小さな蔵元です。
            小さな仕込みで水と原料にこだわり、精米歩合60%の純米酒で勝負したいと、
            姿勢がなんとも素敵ではありませんか。

            飛騨の地酒とはまた違った方向性の味わいで、
            比べて飲んでみると面白いです。
            今日飲んだのは山田錦ですが、備前雄町とか、無濾過のものとか、
            現在6種類を扱っております。いずれも4合瓶で1,020〜1,470円です。
            美味しいですよ!
            | 酒屋の息子 | 日本酒 | 23:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            飛騨の地酒「深山菊・山車」
            0
              深山菊の新酒
               飛騨の新酒がだいぶ出揃いました。最近テイスティングしたのは、飛騨高山の深山菊(上)と、山車(下)の新酒です。

               深山菊は、店長曰く「飛騨の地酒の味わいを頑固に守り続けている酒蔵。数年前深山菊の社長に、「あなたの蔵のお酒は近代的な味ではないので、もっと淡麗辛口にしたらどうか」とリクエストしたら、「うちの味わいは、最初のひと口から2合までは旨いけど、それ以上はくどくて飲めない酒。労働者が疲れて晩酌する時に、ホウバ味噌に凍みた漬物と干しシイタケを入れて食べて、2合飲んでぐっすり寝られるように造っている。」と返された。「深山菊の味は、それでいいのだ。」なるほど。確かにひと口飲んだ限りでは、今までの生酒の中ではトップクラスの美味しさ。ただ、飲み続けるとくどくなる味。1合飲むには確かに美味しい。

               山車は、酒屋の息子的には、高山市内のお酒としては今後最も成長を期待する酒蔵です。その理由の一つは花酵母。東京農業大学の研究室の教え子にのみ託された花酵母は、全国でも数少ない蔵元で使われており、飛騨では天領と、山車で使われています。なにより香りが良いです。同じ花酵母を使っている天領の新酒よりも、強い香りが立ち、結構辛口仕立てです。あと、社長が若いです。新しいことに積極的に挑戦する蔵の姿勢が、とても好印象です。
               
               日本酒の人気が落ちはじめて長い期間が経ちます。しかし、ディスカウントストアではなく、坂本酒店で日本酒を購入されるお客様、こだわって美味しい日本酒を探されているお客様が増えて参りました。これからの日本酒は、原料や造りにこだわったお酒でなければいけないことは明白です。精米を自社でやらなくなったとか、精米歩合が70%だとか、新酒のようなスペシャルなお酒を造るときも、一般米(あきたこまち等)を使うような蔵元は、正直魅力半減です。いや、あえて苦言を呈するならば、ミリョクナイです。坂本酒店は、魅力ある地酒を一生懸命宣伝したいです。魅力ある地酒を勉強して、お客様に宣伝します!!

              坂本酒店HP
              山車しぼりたて本生
              | 酒屋の息子 | 日本酒 | 01:41 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
              今年できたばかりの濁り酒なのです
              0
                今年出来立ての飛騨の濁り酒です。
                 毎年毎年レベルの高い濁り酒を造る飛騨古川の渡辺酒造さんが、とても生き生きとして、飲み応えもたっぷりな濁り酒を発売しました!
                 飛騨の濁り酒では、間違いなくトップの生産者です。毎回期待を裏切りません。醪(もろみ)をそのまま練りひいて、口当たりを良くしたにごりで、まさに「どぶろく」。しっかり辛い酒質、なのに日本酒度-18の甘さも持つ、とても魅力的で後を引くお酒です。これからの季節、熱々の「なべ」に合うに違いないと思います。また、ピリ辛系の味にも合います。
                 新酒独特の生き生きした濁りを是非お試し下さい。
                | 酒屋の息子 | 日本酒 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                それはやりすぎでは?46度の清酒
                0
                  46度の清酒「さむらい」
                   先日新潟のお客様が来店してくださったとき、お土産にもらったのがこのお酒。玉川酒造「さむらい」日本酒なのに46度。香りと口に入れる瞬間までは日本酒なのですが、口に入った瞬間から焼酎なのです。なんでも日本一アルコール度数の強いお酒を造りたかったのだとか。

                     なんていうか、


                         やりすぎ?

                   でも何故か後を引く飲み口。うまく造ってるな〜。
                   ちなみに写真に写っている小鉢は、ばあちゃんの作った浅漬け。サラダ感覚でバリバリしながらお酒を飲むのが、最近のマイブーム。
                  | 酒屋の息子 | 日本酒 | 02:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  飛騨の新酒飲み比べ
                  0
                    新酒飲み比べ
                     フランスのボージョレー ヌーヴォーに引き続き、飛騨の新酒も顔をそろえ始めました。なんだかエライ飛び様ですが、どちらも今年収穫された原料から出来た新酒という意味合いでは、一緒です!!(と、言い張ってみる^^;)

                     今夜飲み比べてみた新酒は3種類。飛騨市古川町の渡辺酒造の「新酒しぼりたて 蓬莱」と、同じく古川町の蒲酒造の「やんちゃしぼりたて原酒」、下呂市萩原町の天領酒造の「搾りたて生酒 新酒天領」の3つ。それぞれ同じ酒米である「ひだほまれ」を使った新酒ですが、まったく方向性の異なる新酒でした。同じ米でここまで違いますか^^; 面白いものです。詳しいレビューはwaiwai-wine.comで後日書きますが、飲み比べは面白いです。
                    ばあちゃんの漬物と新酒
                    | 酒屋の息子 | 日本酒 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    お酒の勉強をしてきました。
                    0
                      関谷酒造の蒸米。なんと「空」
                       11月9日の定休日に、愛知県設楽町の関谷酒造株式会社の蔵を見学させて頂きました。10月に仕込が始まり、まさに忙しい最中。実際に酒造りの工程を見ることが出来ました。知っている人は知っている、幻の酒「空」になる蒸米を、間近で見てきました!
                       関谷酒造は、高品質なお酒を、近代化された蔵の中で造っています。多くの肉体労働系の作業は、合理的に機械化されていました。しかし心のないただの機械化ではなく、より良い酒造りの為に、各工程の責任者が細かい意見を、次の工程にまで伝え、その結果をフィードバックして次にもっといい酒を造るという、人の技術がきらりと光る進化系の機械化でした。

                       酒屋のHPにより詳しい見学記があります。文字は多いですが、私の反省文です。ご覧になって下さい。
                      | 酒屋の息子 | 日本酒 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |